【2020年6月末時点】セゾン投信の運用状況まとめ

新型コロナウイルスは世界中で猛威をふるっている。
経済状況にも大きな影響をあたえているが、
欧米や日本では経済活動再開させた。
政府の支援策や景気回復の期待感が株価回復を支えている。

2020年月6月末時点のセゾン投信運用状況を振り返ろう。

広告

セゾン投信の運用状況(2020年6月末時点)

毎月60,000円を積立

投資合計額2,990,000円
に対して
損益合計額は315,593

とらさん
3月末から超回復!?

実体経済と株価に違和感はあるが、
アフターコロナを見込んで株価あがっているのかな?

セゾン投信2020年4月から6月損益推移

2020年4月末時点の運用状況
4月末時点では損益合計額は148,616円。

3月末時点損益が-40,484円。

4月はまだ経済活動は大きく抑制されていたが、
政府や中央銀行による大規模な経済支援策が好感。
金融市場の混乱から落ち着きを取り戻した。
この期間に第二底がこず、株価が大きく回復した。

2020年5月末時点の運用状況

5月末時点の損益合計額は256,544円。

経済活動が徐々に再開。
楽観的な雰囲気と政府や中央銀行による支援施策で
株価は更に上昇。

とらさん
思ったより株価回復はやい

2020年1月から6月末まで
損益額をざっくりとグラフ化した。

2月末時点ぐらいまで回復。
このまま上昇傾向が続けばよいな。

セゾン投信NISA運用状況(2020年6月末時点)

セゾン投信でNISAをしている。
NISAの運用状況がこちら。

NISAは利益が5年間非課税。
2015年分の非課税期間は2019で終了。
2015年の利益64,535円。

ロールオーバーを選択実施。
2020年分NISA分として加えている。

どの分も現在はプラス。
この調子で非課税分のためにもプラスが大きくのびればよいな

これからもセゾン投信は続ける

コロナ感染はおさまりそうで再度拡大をしている。
経済活動が再開したとはいえ、観光旅行業や飲食、アパレルなど影響大。
そういうときでもコツコツ積み立てる。

現金保有はある程度していたほうがよいが、
少額からセゾン投信はできるのでおすすめだ

※投資は自己責任でお願いします。

セゾン投信についてくわしく知りたいは
メリットデメリットをまとめている。
参考にどうぞ。

関連記事

投資は金持ちだけがするもの。若いころはそう考えていた。貯金だけではお金は増えない。そこに気づき1番最初に投資をしたのはパチンコ!セゾン投信である。2015年7月からセゾン投信を始めたが、もっと早く始めればよかったと思っている。結論から[…]

次回報告は9月末時点予定。

この3か月は思ったより楽観ムードだったが、
引き続きしっかり積立していきたい。

広告
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブロガー、アフィリエイター向けのWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG