セゾン投信2020年3月末時点運用状況

【2020年3月末時点】セゾン投信の運用状況まとめ

中国の武漢で2019年12月に初めて症例がでた新型コロナウイルスは、
あっという間に世界中へ広がった。

4月3日現在の報道では、
世界全体感染者数が約103万人を超え。
死亡者数も5万4,000人超え。
いまだに特効薬がなく
感染拡大中。
歯止めがかからない状況だ。

そのため経済活動が大幅に落ち込むことへの警戒が高まり、世界経済も大きな影響がでている。

順調に資産が増えていたセゾン投信。
3月だけで大幅な下落を記録。
コロナショックの影響を大きくうけた。

2020年3月末時点のセゾン投信運用状況を振り返ろう。

広告

セゾン投信の運用状況(2020年3月末時点)

セゾン投信2020年3月末時点運用状況毎月60,000円を積立

投資合計額2,810,000円
に対して
損益合計額は-40,484

とらさん
マイナスになっている!?

ひさしぶり運用状況みて茫然。
三度見ぐらいしたw

セゾン投信2020年1月から3月損益推移

2020年1月末時点の運用状況
1月末時点では損益合計額は455,053円。

12月に発生したコロナウィルス。
中国武漢だけの話だと思っていた。
1月中は運用状況は問題なし

2020年2月末時点の運用状況

2月末時点の損益合計額は351,266円。

コロナウィルスが中国からアメリカ、ヨーロッパに感染拡大。
2月下旬
から株価下落がはじまった。

さっき載せたとおり3月は損益-40,484
つまり3月だけみると、
損益-391,750円

積立投資でこんなに暴落するの!?
なかなかないんですけど・・・

とらさん
コロナショックはヤバい!

どれくらいやばいのか、
2020年1月から3月末まで
損益額をざっくりとグラフ化した。

積立投資、分散投資だから安心!
と思っていたけど、、、
投資はマイナスになる可能性があるんだな。
暴落の怖さを体感させられた。

セゾン投信NISA運用状況(2020年3月末時点)

セゾン投信でNISAをしている。
NISAの運用状況がこちら。

NISAは利益が5年間非課税。
2015年分の非課税期間は2019で終了。
2015年の利益64,535円。

ロールオーバーを選択実施。
2020年分NISA分として加えた。
これで再度5年間非課税運用。。。

ここまで値下がりするとはねぇ。
非課税の意味がない・・・。

ロールオーバーは失敗だったかも。

運用状況を見返すと2016年時のNISAがまだプラス。
今よりまだ価格が下だったんだな。

これがどこまで下がるか。
それとも回復するか。

暴落したがセゾン投信は続ける

日本だけでなくアメリカやイタリアなど世界中で拡大していくコロナ感染。
いまだに特効薬ができておらず終息する気配がない。

終息するまで長期戦になれば、更に世界経済に悪影響がでるのはまちがいない。
株価下落はしばらく続きそうだ。
リーマンショック以上の不景気なるか。

個人的見解だが、
会社の売上不振で株価続落になるだろう。
現在が株価の底だと考えにくい。

今後株価が絶対に回復する。
その保証はない。
今が価格の天井の可能性もある。

過去の株価暴落はしばらく続落した後に株価が回復する傾向がある
リーマンショック後が参考になるだろう。

今回のコロナショック。
リーマンショック時と同じような株価動向になる。
価格が立ち直る可能性が高いと見ている。

だからセゾン投信の毎月6万円積立は継続をする。

セゾン投信の基準価格がさがった時は、
多く口数を買うことができる。
安く買って後の価格上昇に期待だ。

下落相場の今からセゾン投信を始める人はチャンスだと言える。
少額からはじめるのがおすすめだ。

※投資は自己責任でお願いします。

セゾン投信についてくわしく知りたいは
メリットデメリットをまとめている。
参考にどうぞ。

関連記事

投資は金持ちだけがするもの。若いころはそう考えていた。貯金だけではお金は増えない。そこに気づき1番最初に投資をしたのはパチンコ!セゾン投信である。2015年7月からセゾン投信を始めたが、もっと早く始めればよかったと思っている。結論から[…]

次回報告は6月末時点予定。
その時が楽しみでもあり怖くもある。

1日でも早くコロナウィルス感染拡大が落ち着いて、
世界が元通りになることを願っている。

広告
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブロガー、アフィリエイター向けのWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG