NO IMAGE

コインチェック補償方針について見解(追記あり)

トラです。

コインチェックより補償方針について
発表がありました。
1月27日23時発表のものです。
http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

良かったのか悪かったのかモヤモヤ。
見解をまとめてみました。

【 発表概要まとめ 】
・対象者:NEMの保有者約26万人全員
日本円でコインチェックウォレットに返金。
返金原資はコインチェック自己資金

・補償金額:88.549円×保有数
・補償時期:現在検討中
・手続き方法:現在検討中
補償金額算出はZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考、
CoincheckにおけるNEMの売買停止時からリリース時
までの期間の加重平均の価格で算出

【 良かった点 】
・コインチェック倒産で全通貨がなくなる心配がなくなった。
・NEMではないが、日本円としてお金が戻ってくる。
・会見から1日後、コインチェックのスピードな対応。
・コインチェック、事業継続することを明言。
・Zaifの協力姿勢

【 残念な点 】
・NEMでなく返金が日本円。
強制的に売却扱い
→利益確定で税金支払う。
→強制的に損切りになる。
・算出金額が低い。
事件発覚後の相場基準で事件の影響を
考えていない
・補償時期が不透明

【 その他 】
・NEM財団がハッカー追い詰めるといっていたがどうなった?
・もうNEMは戻ってこない?
・コインチェックそんなに儲けているんだ。
・コインチェックだけで約26万人もNEMホルダーがいた。
・事件としてはまだ未解決。

以上です。

今回のコインチェックのスピード対応は素晴らしいです。

コインチェックへの投資資金が消える心配がなくなり、
その点は少し安心。
最悪な事態は避けられた。

ただ算出金額やらNEMがなくなるのは不満ですがね。

また補償方針変更があるかもしれません。

ウォレットの準備や銘柄研究をしながら
引き続き事件経過を見守ります。

(1月29日追記)
コインチェックに対して金融庁が業務改善命令。

業務改善命令の内容は、

1. 本事案の事実関係及び原因の究明
2. 顧客への適切な対応
3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

出金規制が最低でも2月13日まで、
返金はそれ以降になりそうですね。

また、金融庁はコインチェックの返金能力に疑問もっている様子。
まだコインチェック倒産の可能性あります。
最悪のケース、投資した分全部なくなるかも。
不安です。
投資した分がなくなるという最悪なケースを
想定しながら、活動していきます。


人気ブログランキングへ



★Ledger Nano S★
ビットコイン、イーサリアム等の仮想通貨に対応。
安全に暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。

ハードウェアウォレットは安心の正規代理店へ。
送料無料。


>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブロガー、アフィリエイター向けのWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG